トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ > 水虫・たむし用薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
水虫・たむし用薬 症状別アドバイス「水虫」


陰のうがかゆいので「いんきんたむし」だと思い、水虫・たむし用薬を購入したところ、説明文書 に「陰のうには使用しないこと」と記載されていました。
なぜでしょうか?

通常、陰のうのかゆみは、「いんきんたむし」ではなく、「陰のう湿疹」である可能性があります。 「陰のう湿疹」には、水虫薬は無効です。
使用により症状が悪化し、かゆみがひどくなることがありますので、使用は避けてください。
医師、薬剤師又は登録販売者に相談の上、適切な治療を受けてください。

自分では水虫だと思い、薬局で買ってきた水虫薬を2週間位使用しましたが、症状に変化が見られませ ん。このまま使用を続けてもよいでしょうか?

2週間位使用しても、症状に変化が見られないのであれば、水虫ではないかもしれません。
水虫は白癬菌(はくせんきん)が原因ですが、水虫によく似た症状をおこすものとして、汗疱(かんぽ う)、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、湿疹、かぶれ等があります。
これらの症状は水虫薬では治りませんので、使用を中止し、医療機関を受診してください。
  このページのトップへ▲