トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / その他(全般)

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
添付文書(おくすりに添付されている説明書)の読み方 症状別アドバイス「子供用のおくすり」


薬の服用方法で「食前」、「食後」、「食間」、「就寝前」とありますが、具体的にどの様に服用したらよいですか?

食前とは:胃の中に食べ物が入っていないとき。(食事の30分位前)
食後とは:胃の中に食べ物が入っているとき。(食事後30分以内)
食間とは:前の食事からおよそ2〜3時間後。
 ※食事中に服用するということではありません。
就寝前とは:寝るおよそ30分〜1時間前

薬の錠剤を砕いたり、カプセルをはずして服用してもかまいませんか?

医薬品は、製造の段階でいろいろな工夫(吸収性や味、におい等を考慮して)がされていますので、勝手にかみ砕いたり、カプセルをはずして服用しないでください。 飲み込みにくいなど服用に不都合がある場合は医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

大人(15歳以上)の用法・用量しかない医薬品を子供に服用させたいので、1包の半分または錠剤を砕いて半量服用させてもよいでしょうか?

用法・用量が大人(15歳以上)のみの医薬品をそのまま単純に分けたり、錠剤を砕いて服用させないでください。

5〜14歳適応の小児用トローチを4歳の子供に服用させてよいですか?

5歳未満のお子さまには服用させないでください。4歳以下のお子様はのどにつかえる可能性があります。

医療機関にて薬剤を処方されているのですが、市販の医薬品を自分の判断で服用してよいでしょうか?心配になったのでお尋ねします。

医師の治療を受けている場合は、他の薬を自分の判断で服用しないでください。 薬の飲み合わせによっては、効果が強くなったり、弱くなったり、思わぬ副作用が現れたりする可能性がありますので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

説明文書に「高齢者は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること」と記載されているのはなぜでしょうか?

高齢者では、肝臓、腎臓等の機能が低下している場合があり、薬の作用が強く現れる可能性がありますので、「医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください」と記載しています。

薬瓶の中に入っている乾燥剤を、子供が誤って飲んでしまいました。 大丈夫でしょうか?

医薬品に使用される乾燥剤は、シリカゲルまたは塩化カルシウムがほとんどです。いずれも毒性は弱いですが、誤って飲んでしまった場合は医師に相談してください。

参考
シリカゲルの毒性は低く、ほとんど吸収されません。 塩化カルシウムの毒性も低く、味が苦いため、子供が誤飲したときは泣き出すことが 多いです。なお、塩化カルシウムは口腔や食道に弱い刺激が報告されています。

現在医師の治療を受けていますが、市販薬を服用してよいですか?

説明文書に記載してありますように、服用される前に、お薬(説明文書)をご持参の上、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

外箱表示と説明文書の記載事項が違うのはなぜですか?

外箱は表示スペースが限られていますので、皆様にご注意いただきたい内容の中で特に重要な注意事項だけを記載してあります。(説明文書にはより詳しい内容を記載してありますので、必ず使用前にお読みください)

薬箱を整理していたら、未開封ですが使用期限の切れた薬が出てきました。使用しても大丈夫でしょうか?

使用期限は、未開封の状態の製品が基準になります。使用期限の切れた薬につきましては、成分が変化しており効果が期待できませんので、使用しないでください。
  このページのトップへ▲