トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ > 乗り物酔い薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
乗り物酔い薬 症状別アドバイス「乗り物酔い


いつ飲めばいいですか?

予防の場合は乗り物に乗る30分から1時間前を目安に服用してください。

乗り物酔いになってからでも効きますか?

効きます。この薬は予防効果だけではなく、吐き気やめまいなどの乗り物酔いによる不快な症状をやわらげる効果もあります。

どれくらい時間をあければ2回目を飲んでもいいですか?

4時間以上の間隔をおいて服用してください。ただし、1日の服用回数は守ってください。

何歳から飲むことができますか?

3歳に満たないお子様は服用できません。3歳以上のお子様であれば、配合している成分により服用できる乗り物酔い薬もあります。

眠くなりますか?

眠気には個人差がありますので一概には言えませんが、眠気が現れることがあります。 また、眠気が現れない場合でも集中力や判断力の低下を生じることがあります。

一緒に飲んではいけない薬はありますか?

他の乗り物酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、鼻炎薬、アレルギー薬、睡眠改善薬の併用はしないでください。また、胃腸薬の中にも一部併用できないものがあります。
  このページのトップへ▲