トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / 皮膚用薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
皮膚用薬 症状別アドバイス 「あせも・湿疹」


あせも治療薬は、赤ちゃんのおむつかぶれに使用できますか?

おむつかぶれの程度によりますが、湿潤やただれがひどくない場合には、お使いいただけます。ただし、使用してもよくならない場合には、直ちに使用をやめて、医療機関を受診してください。

誤ってなめてしまった場合には、どのようにしたらいいですか?

なめた程度の場合には、まず問題になることはありません。
大量に食べてしまったと思われる場合には、商品と説明文書を持参の上、早めに医療機関を受診してください。

どのくらい連用してもよいですか?

数日間(5〜6日)使用されても症状の改善がみられない場合や、薬をやめると症状がぶり返すような場合には、医療機関を受診してください。

妊娠していますが、使用できますか?

まず使用しても問題ないと思われますが、妊娠中は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

アトピーによる湿疹の人でも使えますか?

患部が乾燥している場合はご使用頂けますが、患部がじゅくじゅくしている場合には、使用を避けてください。

塗った手で赤ちゃんを抱いても大丈夫ですか?

塗った部分が十分乾いてから抱くようにしてください。乾いていない場合は、目の周りや皮膚の弱い箇所に直接触れないように注意してください。

医者でもらっている外用剤と併用してもよいですか?

その外用剤との併用は、自己判断はしないで、医師にご相談ください。

陰のうに使用してもいいですか?

もし「陰のう湿疹」であれば使用できますが、「いんきんたむし」の場合には使用できません。「陰のう湿疹」か「いんきんたむし」かの判断が難しい場合には、医療機関を受診してください。

顔や首に使用してもいいですか?

お使いいただけます。但し顔全体や目、唇のまわりには使用しないでください。

頭皮に使用しても良いか?

お使いいただけます。特にローション剤がお勧めですが、垂れてきた薬剤が目に入らないようにご注意ください。

ドーピングにひっかかりませんか?

そのスポーツの競技団体にご相談ください。
  このページのトップへ▲