トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / 歯周病治療薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
歯周病治療薬 症状別アドバイス 「お口のトラブル」


歯周病とはどういった病気なのですか?歯槽膿漏とはどう違うのですか?

歯周病とは、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)にたまった『歯垢(プラーク)』と呼ばれる細菌の塊から出る毒素などにより、歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気の総称です。歯周病の初期だけに炎症が起こっている状態を『歯肉炎』、炎症が歯周組織の深部にまで達し、歯槽骨が破壊されている状態のこと『歯周炎』、別名『歯槽膿漏』といいます。

歯周病の原因は何ですか?

歯周病の直接の原因となるのは「歯垢」です。また喫煙やストレス、不規則な食生活などは、歯茎の抵抗力を弱めて、間接的に歯周病を引き起こしたりする原因になる場合があります。

歯周病の症状には、どういったものがありますか?

自覚症状では歯茎から血や膿が出たり、歯茎が赤く腫れたりしますが、その他口臭や口の粘り、歯茎のむずがゆさ等が出ることもあります。

歯周病を予防するためには、どうすればいいですか?

一番大切なことは、歯と歯茎の境目を中心に正しくブラッシングし、歯垢を確実に落とすことです。残った歯垢が固まって歯石になってしまうと、自分では落とすことができませんので、その場合は歯科医に除去してもらいましょう。

歯周病にはうがいが有効と聞いたのですが、本当ですか?

うがいをして口腔内を清潔に保つことは、歯周病菌の働きを抑えることにもつながるので、有効と考えられます。

歯周病が進行して、歯茎がやせてしまった場合、それを再生できますか?

症状の進行を食い止めることはできますが、一度やせてしまった歯茎をOTC薬で再生することはできません。

歯周病は進行すると、体にも影響が出るのですか?

歯周病と糖尿病には密接な関係があると言われており、まず例えば糖尿病の人は歯周病になりやすく、歯周病による炎症で糖尿病が悪化することが知られています。また、歯周病菌が体内に入ると、心臓や肺に影響が及んだり、妊娠中の場合には胎児に影響が出る可能性があります。

妊娠中に歯周病治療薬を使用してもいいですか?

ご使用いただけます。歯周病が進行すると、胎児に影響が出る可能性がありますので、歯周病ケアに積極的に取り組むようにしてください。
  このページのトップへ▲