トップ > おくすりQ&A > おくすりの種類で選ぶ / 口内炎治療薬

お薬で困ったことや疑問などをおくすりの種類別にご紹介しています。
また、「使用上の注意ガイドブック」では、おくすりの服用時における使用上の注意とその解説がPDFファイルでご覧いただけます。
口内炎治療薬 症状別アドバイス 「お口のトラブル」


口内炎とは何ですか?

口の中の粘膜などに起こる炎症の総称です。

口内炎を引き起こす原因は何ですか?

はっきりとした原因は不明ですが、生活習慣の乱れ(偏った食生活、睡眠不足やストレスなど)や口の中の傷や刺激、ウイルスやカビなどの感染症などが考えられます。

アフタ性口内炎とは何ですか?

アフタ性口内炎は、頬の内側や舌、唇の裏などにできやすく、周囲が赤くて中が白っぽい潰瘍で、痛みを伴うのが特長です。

口内炎治療薬にはどんなものがありますか?

塗り薬、貼り薬、スプレー薬などの外用薬と、抗炎症成分や粘膜の再生を促進するビタミンB2・B6などを配合した内服薬があります。

口内炎に治療のためには、どんなビタミンを摂ったらいいのですか?

ビタミンB2・B6がお勧めです。
ビタミンB2は皮膚や粘膜を保護し、成長を促すという働きを持っており、口内炎の予防や緩和に良いとされています。また、ビタミンB6はタンパク質の代謝を促進し、正常な免疫機能を保つ働きがあります。

口内炎をできないようにするには、どうしたらいいですか?

食生活や睡眠など生活リズムを整えることが大切です。バランスの取れた食事をして、しっかり睡眠をとり身体を休めてあげましょう。
  このページのトップへ▲