トップ > くすりの正しい使い方 > 子どもと薬

くすりの正しい使い方 子どもと薬
大人と比べ、小児・乳幼児は抵抗力が弱く、薬の吸収や代謝、排泄能力も未熟なため、使用には大人よりも慎重な扱いが必要になります。

子どもには、子どもへの使用が認められている薬を

子どもへの使用が禁止されている成分が多くあります。大人用の薬の量を調節して与えるようなことは絶対に避け、必ず子どもへの使用が認められている薬を使用してください。
副作用が現れても、小さな子どもの場合は自分で訴えることができません。保護者は薬を使用した後、こまめに様子をみるようにしてください。

子どもが誤って薬を大量に飲んでしまったら

〈中毒110番〉
(公財)日本中毒情報センター
大阪中毒110番
072-727-2499
(365日・24時間対応)

つくば中毒110番
029-852-9999
(365日・9時〜21時対応)

もし薬を大量に飲むなど誤飲してしまったときは、病院に連れて行くか、意識がなければすぐに救急車を呼んでください。判断に迷うときは、応急処置などを教えてくれる「中毒110番」に相談するとよいでしょう。

★薬の保管には十分注意し、子どもの手の届くところに保管するのは避けましょう(「薬の保管方法について」を参照)。