トップ > 協会の活動 > 出版物

おくすりに関する様々なニュースや、日本OTC医薬品協会の活動についてのご案内です。
出版物
OTC医薬品事典 第16版(旧名:大衆薬事典)
ISBN:978-4-8407-5073-8
編集:一般社団法人日本OTC医薬品情報研究会
編集協力:日本OTC医薬品協会
体裁:B5判/1,000頁
定価(税込) ¥6,480

知りたいOTC医薬品の情報を、4種類の索引からサッと調べられ、薬局・ドラッグストアの店頭で、顧客対応に役立つ1冊!

 日本OTC医薬品協会加盟企業が製造販売しているOTC医薬品、指定医薬部外品、計2,639品目の製品情報を掲載し添付文書の情報、製剤の特徴や包装・価格を簡潔にまとめて掲載しています。知りたい製品を、@成分、A症状、B製品名、C会社名別の4つの索引から調べられることが特徴です。
 また、巻頭のカラーページ「知っておきたいクスリの知識」では、「疾患と注意が必要なOTC医薬品(成分)」の一覧表や、薬局やドラッグストア等の店頭でよくある質問を解説した「おクスリQ&A」、さらに今般から「OTC医薬品の広告規制について」、新たに始まった「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を取りあげ、内容の充実を図っています。セルフメディケーション税制対象製品の個別製品情報には「セ税対象」と掲載しています。
「かかりつけ薬局」では、OTC薬の相q談対応・提案も重要な機能になっているため、店舗に1冊常備していただくと役立つ書籍です。
 


第11版より「大衆薬事典」は名称を変更し「OTC医薬品事典」となりました。
2年ごとの改訂を予定しています。


事典サンプル頁