トップ > 協会の活動 > 協会ニュース一覧 > 「OTC医薬品副作用ハンドブック」発刊

おくすりに関する様々なニュースや、日本OTC医薬品協会の活動についてのご案内です。
協会ニュース 2008.7.16
「OTC医薬品副作用ハンドブック」発刊しました
このたび安全性委員会 安全性情報部会にてOTC医薬品副作用ハンドブックを慶応義塾大学薬学部教授 望月眞弓氏の監修のもとに作成いたしました。 本書は,販売後における相談の中で最も重要と思われる「副作用」に的を絞り,特に店頭で働く薬剤師・登録販売者にとって必要な知識をコンパクトにまとめたハンドブックです。安全性情報部会で検討している副作用文献報告のうち,特に重要かつ安全性に配慮すべきものを厳選のうえ,Q&A形式で例示し,そのほか,副作用と思われる事象が発生したときの対処法や関連制度,OTC医薬品の添付文書で目にする副作用用語を紹介しています。
ご希望の方は「株式会社じほう」(電話:03-3265-7751)へ直接お申し込み下さい。

定価:1,995円(本体1,900円)

  このページのトップへ▲