トップ > 協会の活動 > 協会ニュース一覧 > くすりの正しい使用、使用上の注意が一目で分かる絵文字を制定

おくすりに関する様々なニュースや、日本OTC医薬品協会の活動についてのご案内です。
協会ニュース 2004.3.5
くすりの正しい使用、使用上の注意が一目で分かる絵文字を制定
<くすりの適正使用協議会>

くすりの適正使用協議会(会長:渡守武 健)では、くすりの種類、使用方法などについて子供から高齢者まで誰でも親しみを持って簡単に理解できる絵文字(ピクトグラム)を制定しました。

児童と医療関係者がくすりの正しい用い方について、理解を共通にできる手段として、「言葉」以外に「絵文字(ピクトグラム)」があります。交通標識のように、一定のルールのもと個々のくすりの扱い方を図案と絵で示すものです。容易に理解でき、くすりの正しい使い方には有用な手段となります。

内服薬(くすりをのむ) 朝・昼・夜、1日三回のむ 子供の手の届くところに保管してはいけません

詳細はくすりの適正使用協議会ピクトグラムの部屋をご覧下さい。

薬の適正使用協議会
http://www.rad-ar.or.jp/
  このページのトップへ▲