トップ > 新製品バックナンバー > 新製品情報

新製品・おくすり情報についてのニュースです。
新製品情報 指定第2類医薬品 2017.9.1
解熱鎮痛薬のイブシリーズから、日本初。水なしで飲めて効く!イブメルト新発売
エスエス製薬株式会社は、多くの女性から支持されている解熱鎮痛薬の「イブ」から、OTC解熱鎮痛薬では日本で初めての口腔内崩壊錠「イブメルト」(第A類医薬品)を、2017年9月1日(金)から発売いたしました。

OTC解熱鎮痛薬では日本で初めての口腔内崩壊錠「イブメルト」は、水がなくても飲めるので、外出先など“今すぐ服用したい”という時に大変便利です。また、独自のマスキング技術により、イブメルトの鎮痛成分であるイブプロフェンの苦味を抑えることに成功。更に爽やかなレモンライム味がついており、飲みやすい製剤です。イブプロフェン200mgを配合しており、1回1錠で速く溶けて速く効きます。

* OTC解熱鎮痛薬で、日本で初めて発売の口腔内崩壊錠(2017年4月当社調べ)

「イブメルト」の特長
1. いつでもすぐ、水なしでも飲める「口腔内崩壊錠」
  イブメルトは、口の中でラムネのようにサッと溶ける、飲みやすさを追求した錠剤(口腔内崩壊錠)です。電車での移動中や会議中など、水がすぐに飲めない時でもつらい頭痛や生理痛を我慢することなく、服用することができます。唾液や少しの水で速やかに崩壊するので、従来の錠剤やカプセル剤を飲み込むことが苦手な方にもおすすめです。もちろん、水で飲むこともできます。
2. 1回1錠で、頭痛・生理痛に「よく効く」
  鎮痛成分の中でも比較的消化管粘膜への刺激が少なく、胃にやさしいイブプロフェンを1回最大量の200mg配合。頭痛や生理痛の痛みのもと(プロスタグランジンの発生)を素早く抑制し、優れた鎮痛効果を発揮します。また、鎮静成分などの眠くなる成分は含んでいません。
* 解熱鎮痛薬承認基準の1回最大量
3. 独自技術で実現した、飲みやすさ
  イブメルトの鎮痛成分であるイブプロフェンには苦味や刺激があるため、口腔内崩壊錠には適さないと考えられていました。エスエス製薬では、独自のマスキング処方と微粒子を設計し、苦みを抑えることに成功。爽やかなレモンライム味で飲みやすい口腔内崩壊錠を開発しました。

包装と価格: 8錠 980円(税抜き)
「イブシリーズ」ブランドサイト:http://www.ssp.co.jp/eve/

  このページのトップへ▲