トップ > くすりの正しい使い方 > 剤形ごとの特徴と使い方

くすりの正しい使い方 剤形ごとの特徴と使い方
 薬には患部に合わせて、いろいろな種類の剤形があります。

内服薬

錠剤 固形状で、胃で溶ける一般的な錠剤と、腸まで届いてから溶けるように設計された腸溶錠などがあります。かみながら口の中で溶かしていくチュアブル錠など、水なしでも服用できるものもあります。

※アルミはくの包装シートは押し出して中身を服用してください。
※瓶に入っている乾燥剤は、間違って飲まないでください。
カプセル剤 顆粒を詰めた通常のカプセル剤と液体を詰めた軟カプセルなどがあります。かまずに、また中の薬を出したりせずに服用します。

※アルミはくの包装シートは押し出して中身を服用してください。
※瓶に入っている乾燥剤は、間違って飲まないでください。
散剤・顆粒剤 散剤は粉末状、顆粒剤は粒状の薬。 むせたりして飲みにくいようであれば、オブラートに包むとよいでしょう。 生薬の散剤では、「苦味や香りが胃の働きを高める」など、そのまま飲んだほうが本来の効果を得られます。

※オブラートには昔ながらのフィルムのほかにゼリータイプもあります。
内服液剤・シロップ剤 定められた1回量を正確に量って服用してください。使用後は容器の口元についたシロップなどをきれいにふいてからキャップをします。また、1瓶を1回で服用するものもあります。

※子どもが誤飲しないように特殊なキャップがついている場合があります。 キャップの使い方は説明書で確認してください。

外用薬

軟膏剤・クリーム剤・外用液剤 皮膚に塗布する薬は大きく分けて、軟膏、クリーム、外用液剤があります。患部の状態や使用感に合わせて使い分けます。

点眼剤 雑菌が入らないように、容器がまつげなどにふれないよう点眼してください。1回使い切りタイプのものは、防腐剤が入っていませんので、点眼後、残った薬は捨てましょう。

※ものもらいなどの細菌性の疾患の感染防止のため、ほかの人と共用しないでください。
点鼻剤 鼻の穴に容器を直接入れ、薬剤を鼻粘膜に噴霧する薬で、鼻炎薬としてよく利用される剤形です。鼻をかんでから使います。使用後は先端をきれいにふいてからキャップをします。

※使いすぎると、逆に鼻づまりを起こす薬もあるので注意してください。
坐剤 肛門から挿入する薬で、肛門内で溶けて成分を放出します。痔の薬や解熱鎮痛薬などがあります。「入れにくい」「出てくる」という場合は、先端部を体温で温め滑りをよくしてから、指で薬を押し込んでください。

※坐剤は患部に挿入しやすいように先端部がとがっています。温度が高い場所で保管すると変形することがありますので、注意してください。
貼付剤  患部にはって使う薬。主に痛みと炎症を抑える薬の成分を皮膚から体内に浸透させます。痛みやこりがあるところに、しわが寄らないように貼付します。汗などの水分があるとはがれやすいため、よくふき取ってからはってください。