トップ > くすりの正しい使い方 > OTC医薬品って何? > OTC医薬品とは

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

OTC医薬品とは
 薬には、医師が処方する医療用医薬品と、薬局・薬店・ドラッグストアなどで市販されるOTC医薬品があります。「市販薬」「大衆薬」「家庭薬」とも呼ばれるものです。
 生活者が直接購入できるOTC医薬品は、利便性、安全性が高いのが特徴です。

いざ、という ときの備え 「救急箱」  けがには「消毒薬」、かぜの予防、治療には「うがい薬」「トローチ剤、ドロップ剤」や「総合かぜ薬」など、多種多様なOTC医薬品が利用されています。
 また、けがにはばんそうこうや包帯、かぜにはマスクや冷却剤なども使われます。「いざ、というときにはすぐ出して使えるように」、日ごろから常備薬、救急セットを整備しておくのもセルフメディケーションの重要な項目です(セルフメディケーションって何?参照)。

OTC医薬品のシンボルマーク
OTC医薬品のシンボルマークは、3つのメッセージがカプセルを取り巻き、自分の健康は自分で守る、つまりセルフメディケーションの推進をイメージしています。
3つのメッセージ
・自己選択(ご自分で選べます)
アドバイス(薬剤師などの専門家に相談もできます)
情報発信(お薬の様々な情報を発信します)

※OTCは、英語の「Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の頭文字をとった言葉です。


OTC医薬品の種類
かぜ関連薬
 うがい薬、のどスプレー
 トローチ剤、ドロップ剤
 鼻炎薬、点鼻薬
 せき止め薬
 総合かぜ薬 など
解熱鎮痛薬
 頭痛・生理痛薬
 歯痛止め など
胃腸薬
 総合胃腸薬(消化剤、制酸剤等を含む)
 H2ブロッカー
 整腸剤
 下痢止め薬
 鎮痛鎮痙薬 など
便秘薬
滋養強壮、ビタミン剤
 ビタミン主薬製剤(栄養ドリンク剤なども含む)
 滋養強壮保健薬
 カルシウム剤
 女性用保健薬
 薬用酒 など
乗り物酔い薬
外皮用薬
 殺菌消毒薬
 湿疹・皮膚炎用薬
 虫さされ・かゆみ用薬
 水虫・たむし薬
 うおのめ・たこ・いぼ用薬
 カンジダ治療薬
 口唇ヘルペス用薬 など
目薬
 一般用目薬
 抗菌用目薬
 アレルギー用目薬
 洗眼薬 など
外用消炎鎮痛薬(肩こり・腰痛用貼付薬・しっぷ薬)
痔疾用薬
毛髪用剤
禁煙補助剤
衛生害虫駆除、殺虫剤(ダニ、シラミ駆除剤 など)
漢方製剤… 分類ごとに処方があります。
 例:かぜ薬−葛根湯、小青竜湯 など
   胃腸薬−安中散 など
   便秘薬−大黄甘草湯 など

  このページのトップへ▲