トップ > くすりの正しい使い方 >薬の正しい使用方法 > 内服剤の正しい飲み方

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

薬の正しい使用方法 内服剤の正しい飲み方
 飲み薬は、体内の目的の場所でもっとも効果が発揮されるよう、また、思わぬ副作用を起こさないよう、飲む時間や形、1回量などが工夫されています。説明書には、薬に応じて定められた用法・用量が記載されているので、よく読んで、正しい使い方を守りましょう。

飲む時間を守る
食前  食事前の30分くらい前
食前は胃が空っぽの状態です。次のような薬は、食前に飲むともっとも効果を発揮します。

◎直接胃粘膜に接して効果を出す薬
◎食事の前に胃の働きをよくし、食欲を増す薬
◎食べ物と一緒でないほうが、吸収や効果がよい薬(食前のほうが胃酸が薄まっていないので、胃の中が酸性の状態になります。そのほうが、効果が上がる薬があります)
食後  食後30分くらいまで
食事で胃がふくらんでいる状態です。次のような薬は、食後に飲むとよいでしょう。

◎胃の消化を助け、胃もたれなどを防ぐ薬
◎食べ物と一緒のほうが、吸収や効果がよい薬
◎胃に障害を起こしやすい薬(食べたものが胃粘膜への刺激をやわらげてくれるため、食後の服用が適しています)
食間  食後2、3時間
食事と食事の間のことで、食事の最中ではありません。食べ物の消化が終了して、胃の中が空っぽの状態なのは食前と同じですが、次の食事まで1時間くらい空いているところが違います。次のような薬は、食間に飲むともっとも効果を発揮します。

◎直接胃粘膜に接して効果を出す薬
◎食べ物と一緒でないほうが、吸収や効果がよい薬
 (多くの漢方製剤は、空腹時のほうが吸収がよいとされ、「食前・食間」の服用となっています)
寝る前  就寝30分くらい前
次のような薬は、寝る前に飲むともっとも効果を発揮します。

◎寝ている間に効果を現す薬
◎睡眠を改善する薬
※翌朝お通じがあるように、寝る前に服用する便秘薬などもあります。
頓服  必要に応じて
1回飲むだけで効果が出る薬は頓服(頓用薬)と呼ばれます。毎日続けて飲む「連用」とは意味が異なります。頭痛薬や下痢止め薬など、症状が出たときに飲む薬です。
薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む
 チュアブル錠、口腔内崩壊錠を除いた飲み薬は、水かぬるま湯で飲みます。ジュースやアルコールなどで飲むと、効果に影響が出たり、副作用が多くなったりすることがあります。必ず、説明書を確認しましょう。
 
牛 乳 牛乳や乳製品は、胃のpHを上げる働きが強い食品です。薬によっては効き目が低下し、効果の発現に時間がかかることがあります。
ジュース 薬によっては吸収が低下することがあります。病院で処方されるコレステロールや血圧の薬は、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、効果が強く出たり、副作用が多くなったりすることがあります。
コーヒー
お茶
薬の中にカフェインが含まれているものがあり、一緒に飲むと、カフェインのとりすぎで興奮して眠れなくなることがあります。
アルコール 薬の効き目が強く出すぎたり、副作用が現れやすくなります。特に、かぜ薬などに使用される解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンは、アルコールと反応して肝臓に負担をかけやすくするので、飲んではいけません。


薬を飲み忘れてしまったら?
決められた服用時間からそれほどたっていない場合は、気づいたときに飲む。
忘れたからといって、 次に2倍量飲まないこと
薬の剤形と効き方を参照)

鼻炎薬、頭痛薬などは、服用間隔が記載されているので、確認。
かぜ薬などは、食後を基本としており、明確な時間記載はないが、1日3回の薬は服用間隔を4時間以上、1日2回は6〜8時間空ける。


  このページのトップへ▲