トップ > くすりの正しい使い方 > 薬といつまでもよい関係であるために > OTC医薬品も医療費控除の対象です

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

薬といつまでもよい関係であるために OTC医薬品も医療費控除の対象です
 医療費控除とは、1年間(1月1日〜12月31日まで)に自己負担した医療費が一定額を超えるとき、税務署に申告すると、その分にかかっていた税金が戻ってくる制度です。一部のOTC医薬品の購入にかかったお金も、控除の対象となります。


どんなときに医療費控除を受けられる?
以下の場合、確定申告によって税金が戻ってきます(最高限度額200万円)。
合計年間所得 家族全員の1年間の医療費合計
200万円未満の方 所得金額の5%を超えた場合
200万円以上の方 10万円以上の場合

控除の対象となる医療費とは?
医療機関に支払った診療費・治療費
かぜ薬や胃腸薬など、治療や療養に必要なOTC医薬品の購入代金
歯科の保険外費用
出産のときの費用(定期健診や通院費用を含む)
介護老人保健施設の利用料
入院時の食事療養・生活療養にかかる費用負担
特定健診の結果が、ある一定基準を満たす状態と診断され、かつ、引き続きその特定健診を行った医師の指示に基づき特定保健指導が行われ、自己負担金を支払った場合の当該特定健診の費用(自己負担)
  など
  ※また、通院のために必要な交通費も控除の対象となります。

申告に必要なものは?
病院等の領収書や費用明細書
源泉徴収票
購入時のレシートか領収書
印鑑
上記を準備して、税務署で申告を行います。 申告期間は、毎年3月中旬までです。 くわしくは居住地を管轄する税務署にお問い合わせください。
申告には医療費の領収書が必要です。
  領収書はきちんと保管しておきましょう。領収書が出ない電車やバスの交通費は、一覧表を作っておくと領収書に代えることができます。

  このページのトップへ▲