トップ > くすりの正しい使い方 > 薬の安全性 > 妊娠中、授乳中の女性と薬

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

薬の安全性 妊娠中、授乳中の女性と薬
 妊娠中の薬の使用は、胎児への影響も考えられるので、特別な配慮が必要となります。妊娠中の体はとてもデリケートな状態ですから、より薬の使用には注意を払いましょう。


妊娠中に薬を購入するときは
 OTC医薬品を購入する際は、必ず医師や薬剤師などに相談してから購入してください。また、手持ちの薬を使用する際は、説明書をよく読み、妊婦に対する注意が記載されていないか、確認しましょう。
授乳中、妊娠の可能性がある人も注意
 服用した薬の成分は、わずかですが母乳にも影響が及ぶ可能性もあります。服用については、かかりつけの医師や薬剤師などに相談しましょう。
 また、妊娠しているのに気づかず薬を飲んでしまい、後々心配になる場合があります。近い将来に、妊娠する可能性がある人は、薬の使用に際しては、医師や薬剤師などに相談しましょう。

妊娠中、 授乳中の 薬については、 こちらも参考に してください。
独立行政法人 国立成育医療研究センター
ママのためのお薬情報
http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist.html

  このページのトップへ▲