トップ > くすりの正しい使い方 > 薬の安全性 > 高齢者と薬

セルフメディケーションってなに?から、実践するためのOTC医薬品の正しい使い方を解説。ぜひお子様や高齢の方など、家族みんなで薬と上手に付き合う方法を学び、健やかな毎日を送る一助としてください。

薬の安全性 高齢者と薬
 高齢になると、内臓の機能が低下して薬の代謝分解が遅くなるため、薬の作用が強く現れるおそれがあります。慢性の病気や複数の病気を抱えて、多種類の薬を使用しているケースも増えてきます。嚥下機能(飲み込む力)が落ちたり、認知症などで薬の管理などが難しくなる人もいらっしゃいますので、家族など、周囲の人の配慮が必要な場合があります。

薬の購入・使用時の注意
 薬を購入するときは、現在使用している薬(OTC医薬品、医師に処方された薬)を必ず薬剤師などに伝えましょう。「お薬手帳」を持参すると便利です。
 高齢者は一般成人と同じ量を使用すると、効き目が強く現れてしまう場合があります。医師、薬剤師と相談して使用しましょう。

周囲の人も協力を
 老化に伴い、嚥下機能が低下して薬を飲み込みにくくなったり、指先の力の衰えや目の老化から薬を取り出しにくくなってきます。また、記憶力の衰えだけでなく、複数の薬を使用する機会も増え、管理が難しくなる場合もあります。
 家族など周囲の人が薬の使用や管理に協力して、使用時の注意点などを医師や薬剤師に確認し、使用時はそばにいるようにするとよいでしょう。また、薬管理用のケースやカレンダーなどを活用するのも効果的です。

  このページのトップへ▲