トップ > 症状別アドバイス > 骨のお話/カルシウム剤

毎月更新の症状別アドバイスから症状やテーマ別に役立つ健康サイトを集めています。ぜひご活用ください。

今月の症状別アドバイス:「肩骨のお話/カルシウム剤」
  国民栄養調査で唯一不足している栄養素がカルシウム。骨や歯の基質に沈着して骨や歯を形成するだけではなく、体液のpHバランスを一定にし、筋肉収縮・神経系の刺激伝達物質として、脳や神経が円滑に働くのを助けます。さらにホルモン分泌や血液凝固にも関与。不足すると骨から溶け出し、骨密度が減って、ちょっとしたことで骨折しやすくなりますから、閉経後の女性は特に注意が必要です。

このサイトのおくすりQ&Aでも「カルシウム薬」について解説しています。


おすすめリンク
サトちゃん薬局:カルシウムとからだ
 私たちの体に占めるカルシウム量は体重の2%。そんなカルシウムの体の中での役割をまとめています。
健康一番:カルシウムをとろう
 カルシウムは、骨や歯の素材だけではなく、全身の細胞の活動にも大事なミネラル。丈夫な骨をつくることにも欠かせません。カルシウムが不足するとどうなるか知っていますか?
セルフドクターネット:カルシウムを上手に摂るには
 カルシウムの吸収率は、牛乳・乳製品で40〜70パーセント、小魚類は30パーセント、野菜は18パーセント。
  このページのトップへ▲