トップ > 症状別アドバイス > カルシウム剤

  • 今月の症状別アドバイスカルシウム剤
国民栄養調査で唯一不足している栄養素がカルシウム。骨や歯の基質に沈着して骨や歯を形成するだけではなく、体液のpHバランスを一定にし、筋肉収縮・神経系の刺激伝達物質として、脳や神経が円滑に働くのを助けます。さらにホルモン分泌や血液凝固にも関与。不足すると骨から溶け出し、骨密度が減って、ちょっとしたことで骨折しやすくなりますから、閉経後の女性は特に注意が必要です。

このサイトの“おくすりQ&A”でも解説しています。
おくすりQ&A 「カルシウム薬」

おすすめリンク

ヘルスケア情報 生活習慣病のしくみとはたらき“骨粗鬆症”
 私たちの体に占めるカルシウム量は体重の2%。カルシウムの体の中での役割をまとめています。
ドクターQ&A:骨粗鬆症の予防と対策
 骨粗鬆症を予防する生活法やカルシウムの上手なとり方をご紹介します。
健康情報:老けしらずの健康レシピ
 骨や関節を強くするため、カルシウムやビタミンをしっかりとる必要性やレシピを紹介しています。
タケダ健康サイト:ビタミン・ミネラル栄養百科 Ca.(カルシウム)
 カルシウムの働きや摂取量の目安、摂取することができる代表的な食材などをわかり易く紹介しています。
益財団法人骨粗鬆症財団:どうカルシウムをとればよいの?
 骨粗鬆症について、食事や運動などの予防法を紹介しています。