トップ > 協会の活動 > OTC医薬品産業グランドデザイン

  • 協会の活動OTC医薬品産業グランドデザイン

〜 2025年に向け健康長寿社会の一翼を担うために 〜

当協会では、国民の「健康寿命の延伸」への貢献を見据え、目指すべき10年後のOTC医薬品産業の在るべき姿を、「OTC医薬品産業グランドデザイン 〜 2025年に向け健康長寿社会の一翼を担うために 〜」(以下、グランドデザインと略す)として策定しました。

グランドデザイン策定の背景や狙い、今後の進め方は、次の通りです。

@ 少子高齢化・人口減少等により、日本の社会情勢や国民の価値観が大きく変化している。
A「日本再興戦略」に国民の「健康寿命の延伸」が目標として取りあげられ、その解決策の一つとしてセルフメディケーションの実現が位置づけられた。
B OTC医薬品産業はセルフメディケーションの推進に向けて大きな役割を果たし得る。
C 国策も踏まえ、中長期的に捉えたOTC医薬品産業の在るべき姿(グランドデザイン)の発信が重要である。
D 国民に受け入れられるために、当協会だけではなく、行政や関係する団体・業界など、 様々なステイクホルダーと10年計画の行程表を作成し、協働して推進していく。

2025年のOTC医薬品産業の在るべき姿として、グランドデザインの具体的内容は以下の3本柱をビジョンに掲げました。

1.国民の健康寿命延伸にセルフメディケーション・セルフケアが貢献
1)高齢者から若者まで、全ての国民が元気に活躍し続けられる社会、安心して暮らすことのできる社会の実現に向け、公的医療保険(皆保険)制度を基盤として、セルフメディケーション・セルフケアが国民へ浸透し「未病」「予防」「早期手当」等の正しい対処方法が理解され、健康リテラシーが向上し、国民の健康寿命の延伸に向けた行動変容へとつながっている。
2)国民自身がセルフメディケーション・セルフケアに向けた取り組みを積極的に進めるための新たな基本法が制定されている。
3)セルフメディケーション・セルフケアを実践する場として、医療機関とともに健康サポート機能を有する薬局、ドラッグストアが地域包括ケアに貢献。
4)健康に関する知識と啓発が進み、学校教育と共に医師・保健師・薬剤師・登録販売者など専門家支援のもとセルフメディケーション・セルフケアを習得・実践できる体制が整っている。


2.セルフメディケーション・セルフケアを実践するためのOTC医薬品の活用が拡大
国民がセルフメディケーション・セルフケアを実践するための情報が充実するとともに、「未病」「予防(重症化予防含む)」「早期手当」に資するOTC医薬品や検査薬等が世の中に提供されている。


3.日本発のOTC医薬品がアジアに普及
既にアジアに進出している企業の製品と同じく、広く日本のOTC医薬品が、アジアの市民から品質や効果の面から信頼を得て、日常使いの医薬品として普及する環境が整っている。
1.国民の健康寿命延伸のための行動変容を支援する環境作り
2.専門家の支援を得られる環境作り
3.JAPAN Modelを波及できる環境作り

この3つの環境を作りあげるために、各々を基本戦略と具体的戦術に落とし込んでおり、各戦術が実現した暁の2025年度の市場予測を国内・海外合計で2兆1,500 億円(小売ベース)としています。OTC医薬品産業は10年後に「2兆円産業」を目指します。
[国内市場予測](小売ベース)  
 2015年度予測:1兆1,000億円  
 2025年度予測:1兆8,000億円(年率5.05%成長)
[海外市場予測](小売ベース)  
 2015年度予測:2,050億円   
 2025年度予測:3,500億円(年率5.5%成長)1ドル≒109円換算
[国内・海外市場予測](小売ベース)  
 2015年度予測:1兆3,050億円   
 2025年度予測:2兆1,500億円

併せて、グランドデザインを画餅としないために、既に各戦術の実現に向けた行程表、当協会内の担当組織、行政を中心に想定されるカウンターパートを立案しています。

グランドデザインに掲げた在るべき姿(3本柱)実現のために、今後も、生活者を中心に置き、当局との協議ならびに関係団体・業界の皆様との連携を強化してまいります。

よろしくお願いいたします。